フジイダイマル 福袋 体験談

掘り出し物の洋服もあり大満足

藤井大丸の福袋は毎年好評で、すぐ完売してしまうくらいの勢いでなくなりますが、過去に1度だけ無事購入できたことがありました。

 

お目当てのブランドの福袋が欲しくて私も色んな情報を調べて初参戦。ただ無知の私が当日お店のオープンと同時に行ったところで購入できるわけがないと思ったので、毎年福袋のために前日から並んでおられる福袋購入の達人にコツを教えてもらいました。

 

時間があるのであれば、前日藤井大丸であれば1月2日からの営業なので1日の夜から場所取りをしておくのが確実らしく、福袋購入ができるためだけの入り口を決めておられることもあるので、百貨店に確認できる時には事前にしておくこと、前日から並ぶ場合は、夜徹夜になるため防寒は必至。

 

寒さに弱い場合は無理をせずオープン当日の早朝から並ぶのことでも良いとのことでした。どれだけ必死なのかと思いましたが、私は当日の早朝から並ぶことにしました。

 

凍りつくような寒さの中お店の入り口付近に近づくと、すでに何人か並んでおられてビックリしました。それも若い方ばかりではなく、意外とご年配の女性もおられて、それだけ藤井大丸の福袋の中身が良い物なんだと期待が膨らみ、少しウキウキしながら並ぶことに。

 

朝8時前にはすでに列が地下まで伸び始めて、お店もオープン時間よりも少し早目に入り口を開けてくださいました。そして、福袋購入会場となる場所まではエスカレーターに長蛇の列が。

 

オープン前だったのでまだエスカレーターは動いていませんでしたが、エスカレーター傍にはしっかり店員さんがおられて、割り込みなどないようにチェックされているようでした。

 

結果的に1個だけでしたが福袋を手に入れることができ、早速中身を確認しました。やはり福袋、自分の好みではないデザインのものも何点かありましたが、すぐ使えそうなアウターや小物もあり、満足しました。

 

そして出口にでてビックリ!都会では百貨店の入り口で福袋の中身を交換しあうようなシーンをTVで見たことがありましたが、京都でも何人かやっておられる場面があり、福袋のすごさを知ることとなりました。私は交換せず帰ってきましたが、また次回藤井大丸の福袋購入、チャレンジしたいと思いました。